スポンサーリンク

※当ブログでは各選手の敬称は省略させていただいております。
 予めご了承下さい。

横浜、開港する

スポンサーリンク

途中まではまーーーじでルーキー初登板で完封でもされんじゃないかなって思ってました。

というか、森下がそれだけ良かったっすわ。

バシバシ150キロオーバーのストレート投げてきて、スライダーでもカウントが取れて、カーブの緩急も制球もなかなか。

おまけにたまに謎の軌道のチェンジアップが飛んできます。

チェンジアップは制球が怪しかったけど、それを感じた會澤はあまり使わなくなりましたが。

こんなん別にウチじゃなくてもそう簡単には打てんですよ。

試合を見た人ならわかるはず。

データもろくに無い中であんな投球されたら無理無理。

欲張らないで7回で降ろしてくれた広島ベンチには感謝。

まぁ多分最初から球数決めてたってところでしょうけど。

で、広島は一番の不安要素である中継ぎがボロを出してくれました。

てか・・・スコットが抑えなの?

フランスアとか・・・中崎でも良くね?

若干変則投手だけど、別段特筆するところが無いように見えるのだが・・・。

カード勝ち越し決めてるし、お試しだったのかもしれない。

おかげさまで横浜DeNAベイスターズは2020年の初勝利をサヨナラ勝ちで納めさせていただきました。

ホントハマスタの広島戦は先制すると負けるなぁ。

普通は先制したチームが大体6割くらいで勝つスポーツなんですがね。

なんにせよ開幕三連敗という最悪の自体は避けられました。

昨日言ったように、僕も漏らさずに済みました。

森下に7回無失点されたときはもう出る寸前でしたけども。

地味に国吉が2イニングピシャリと抑えてくれたのが今日の勝利の肝だったかな。

先発の平良も危ない場面はあったものの自身のフィールディングでピンチ脱出、エラーにもめげずに6回1失点と成長を感じさせる登板でした。

去年なら5回で降板で、中継ぎにさらなる負担をかけていたでしょう。

乱れかけたコントロールの修正力もGOOD

この3連戦、先発は良く頑張ったと思います。

17イニングで4失点ですからね。

打線はなぁ・・・まぁ筒香が居なくて、オースティンもいないならまぁこんなもんかなぁとしか。

筒香は去年チームの約25%の四死球を集めていたので・・・。

あと地味に神里が去年のチームWARトップなのですが、それが居ない。

何だかんだで佐野はこの3連戦仕事しましたからね。

1,2番がちょっとしんどかったかなぁと。

乙坂は・・・期待はしてるけどやっぱまだもうちょっと足りない。

次カードからは是非ともオースティンが出場できるように祈ってます。

次のカードも出なかったら、エスコバー登録しとけばよかったじゃん・・・

それなら1,2戦目も勝てたのでは・・・?

ってなりかねないので。

怪我明けで多少は気をつかってるんでしょうけどね、去年アホみたいに投げたし。

それで、3戦広島と戦った感想としては・・・

やはり先発は揃ってますね。

もし森下が安定してローテ守って新人王クラスの活躍したら多分12球団1の先発陣まであります。

大瀬良、床田、ジョンソンだけでも過去最多勝、最高勝率クラスの先発ですからね。

ここに森下や、実績ある野村なんかが仕上がってると割とマジでヤベーです。

別にウチの打線が100%悪かったのではないかと。

そして外国人野手2人がなかなか良さげ。

まぁメヒアはもともとそれなりに実績がありますが、ピレラもアレ結構やりそうです。

二人合わせて1バティスタくらいは余裕で補完できそう。

それでも打線は強力とは言えませんけども。

菊池や田中が全盛期くらい打ったら流石に怖いけど。

オープン戦や練習試合からずっと中継ぎがうんちなので、ここが明確な弱点ですね。

3連戦ともに中継ぎはそこそこ打てたので。

広島はどれだけ先発力を維持できるかですかねー。

控えにはアドゥワや九里亜蓮なんかもいますし、そこそこ盤石な気はする。

傍から見ればね。

そんな感じですね。

とにかくホントに1勝できてほっとしましたよ。

勢い付く勝ち方出来たと思うので、得意なハマスタ中日戦で暴れてくれると良きかな。

それではこの辺で。

\横浜優勝/

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク