スポンサーリンク

※当ブログでは各選手の敬称は省略させていただいております。
 予めご了承下さい。

濱口「待たせたな」【動画あり】

2019年5月22日

スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズ VS 東京ヤクルトスワローズ 9回戦 5/19(日)神宮球場

なんて横浜らしくない勝ち方なんだ!!

4月に打球が当たってからの復帰登板となる濱口がようやく帰ってきました。

そしてサクっと完封してくれました。

神かよこの投手。

離脱前と変わらない感じでホント良かった。

めっちゃカットボールみたいな球が機能してましたね。
スラッター? でしたっけ。

きっちりモノにして、武器に出来てますね。

基本的にはストレートで押して、最後はチェンジアップ・・・
くらいしかパターンが無かったんですが、
これで投球幅がめっちゃ広がりましたね。

カウント球としても使えるのがイイネ。

去年までは対左がちょっと課題でしたが、スラッターでかなり
克服できたのでは?
と、思える試合でした。

あんまり分からなかったけど、右打者にツーシームみたいな球も投げてましたかね。

ヤクルト打線が、全く芯で捉えられてなくてヤキモキしてるのが伝わってきました。

最終回はランナー出してからちょっとグダりましたが、
まぁまぁ、本来は結構ランナー出すタイプですし、ピンチの
予行練習が余裕をもって出来たってことで。

乙坂の最後の守備良かったで!!

守備緩めとか思ってゴメン。

そして打線ですよ。

この3連戦はなかなか良い形で得点できていてニッコリ。

ランナーを溜める
ランナーを進塁させる

この二つがちゃんと出来ていたので、本塁打もソロ以外が多かった。

特に今日の、神里四球→変化球投げてきそうなカウントで盗塁→宮﨑進塁打
→ソトの前進守備の間を抜くタイムリー。

この流れがあまりに美しすぎた。

めっちゃ☆効果的な追加点だったと思います。

そして石川雄洋のホームランですよ!!!

いや、まさか石川が神宮とはいえバックスリーンにぶち込むなんて思ってなかったです。

あの4点目も貴重な追加点ですねー。

4点ってのは先発が仕事失敗の烙印を押されたり、セーブシチュ外(例外アリ)になったり、
1つのターニングポイント的なとこあります。

4点あればグラスラ使っても同点で耐えられますしね。

そして、ソトは本日は猛打賞+1四球の大活躍。

やっぱり上位が出塁すると点になる。

筒香がちょっとブレーキ気味でしたが、9回のダメ押し2ランはいいダメ押しだったかな。

5点差だと9回の満塁のピンチ、濱口はもうちょっと違った気分だったと思うので。
5点差で満塁だと、セーブシチュになるのでヤマヤス投入もありえた。

筒香の得点圏打率、めっちゃ低いって言われてるけど、
昨日までで.267はあるからそんな低くないですよ?

まぁ打てなかったときの方が印象には残りやすいですがね。

なんにせよ・・・

同一カード3連勝です!!

正直、怪我人が戻ったヤクルトに3連勝出来るとは思わなかった。

投手が試合作って打線が爆発してるので、勝つべくして勝ったんですけどね。

負けが込んでた時の負け方があまりに酷かったのでこういう感覚忘れてましたよ。

さてこれで借金は8まで減りました。

この調子なら、今永と濱口だけでこの借金は返済できるでしょう。
下手したらこの二人だけで更に貯金まで作れるかもしれません。

そう考えると、不慮の事故だけに濱口の離脱は痛すぎた。

単純に借金2~3は減らせましたし、流れが変わったはずなので
おそらくもっともっと減らせてたでしょうね。
中継ぎももうちょい投げずに済んだし、謎の進藤先発とかも無かった。

これはね・・・言ってもしょうがないんですが、今日の様な投球をみせられると・・・ね。

明日からは・・・地方ひたちなかを挟んで東京ドーム、巨人3連戦。

巨人も今ちょっと勢いは落ちつつあります。

今のDeNAのチーム状態なら良い勝負が出来るはずなので、勝ち越し狙いましょう。

こちらの先発が先発なので、完封勝利!!

・・・とかはなかなか無いでしょうが、絶好調の打線に期待。

今日のハイライト

他球場の試合結果、順位表

※引用元 https://baseball.yahoo.co.jp/npb/

連敗中日は、先制を許すものの巨人山口を小刻みに責め、5回に逆転、
6回途中4失点で引きずりおろし、後は中継ぎがちょこちょこ漏らしながらも
逃げ切り、同一カード3連敗は阻止。

広島は序盤から秋山を攻め5点を奪うと、今季から先発のアドゥワが
またもナイスピッチング、7回無失点で阪神打線をシャットアウト。
最後の最後に一岡から1点を取るのがやっと。
広島は7連勝でとうとう首位にならんだ。
まさかアドゥワが先発でここまでやるとはなぁ。

楽天は2回に4点を奪うも一度は逆転を許してしまう。
しかし、先発石川が踏ん張れず、6回に同点にされ降板。
7回に浅村が逆転ソロを放つと、さらにウィーラーもホームランを放ち、
2者連弾で突き放す。
ロッテは、レアードに2本のホームランがでるものの、投手陣が守れず敗戦。

西武は、3回に外崎のタイムリーで先制し、4回には栗山、木村のタイムリーで3点を奪取。
オリックスは5回に2点を返し、反撃体制にはいるが7回に
森の満塁ホームランが飛び出し一気に5点差に。
その後も更に2点を入れられ、敗戦。

ソフトバンクはグラシアル、川島、デスパイネのホームラン構成で序盤から4点を奪う。
先発ミランダは早めに降板し、中継ぎの負担が懸念される中、
試合は5回雨天コールドでホークスが勝利。
中継ぎが疲弊気味のホークスはかなり嬉しい勝利なのでは。

・・・ ・・・ ・・・

・・・ ・・・

・・・

なんだか久々に月曜を勝利の余韻で過ごせる気がします。

それもそのはず、日曜に勝ったのは4/14日以来の勝利です。

この3連勝、浮上のきっかけになればいいですね。

広島はどこまでこの勢いが続くのか。

結構ハンデ抱えて戦ってるんですけどね・・・。
こんなに投手整備されるとはなかなか思わなかったです。

でもあんだけ絶不調な選手無理矢理使ってたらどこかで4月のような綻びが
出ると思うんですけどねぇ。

まぁウチと当たる時にはちょっと勢い無くなってくれたらいいかなー。

とりあえずは今日の勝利、ホント嬉しかった。

濱口、おかえりやで。

それではここまでとなります。

\横浜優勝/

スポンサーリンク