スポンサーリンク

※当ブログでは各選手の敬称は省略させていただいております。
 予めご了承下さい。

大和「先制されたら勝てないとかオカルトでしょ」【動画あり】

2019年6月13日

スポンサーリンク

【交流戦】横浜DeNAベイスターズ VS 千葉ロッテマリーンズ 2回戦 6/12(水)ZOZOマリン

先制された時にはやっぱり絶望してました。

相手先発の岩下が1イニング4四死球で押し出ししたときは、
いける流れかな?

とか思ってましたが、結局押し出しの1点止まりなうえに、すぐさま
レアードに握られてちょっと厳しい感じに。

しかしすぐさま宮﨑が同点ソロ、5回にはソトが逆転ソロを打って
割とあっさりと逆転。

何だかんだでいつも通りのらりくらり投げていた大貫、6回に試練。

神里が恐らく捕れたであろうセンターフライをグラブで弾いて3塁打に。

その後、清田はサードゴロに打ち取りますが、4番井上にはきっちり犠牲フライを上げられ同点に。

正直、ホームランじゃなくて良かったレベルの甘い球。

その後レアードには半ば勝負を避けるような形の四球を出したところで大貫はお役御免。

まぁ確かにちょっと嫌な感じしますし、大貫も球が甘くなってたので仕方ない。

変わった三嶋はこの回を難なく抑え、跨いだ7回もヒットバントで得点圏へランナーを進められますがここはキッチリ。

迎えた8回、ロペス、乙坂が連打で無死2,3塁のスーパーチャンス。

何が何でも1点欲しい中、ソトは0-2から難しい球に手を出しサードゴロ釘付け、伊藤光は粘るも三振。

絶望感にまみれた中で大和もセカンドへゴロ。

セカンドの範囲内で完全に絶望しましたが、何故か打球がセンターへ抜けてこれが逆転2点タイムリーとなりました。

記録ヒットですが・・・まぁグラブには触れてないけど、股抜いてるし・・・
ほとんどエラーですな。

さぁ、ここで痛恨の失点を喫したロッテ。

こういったシーソーゲームは後にミスった方が負けるイメージ。

そのイメージ通り、流れはベイスターズ。

9回にも神里二塁打からなんやかんやあって宮﨑が犠牲フライでもう1点。

勝ったな!!

9回裏はもちろん山崎康晃が締めてゲームセット!!

とはすんなりいきません。

四球とヒットで1死1.3塁としたところのセカンドゴロ。

セカンドの柴田はランナーにタッチを試みるがこれは避けたランナーが3フィートでアウト、1塁送球もアウトで試合終了!!

・・・とはならず。

リクエストにより1塁はセーフ判定。

僕はこの時、絶対に投手は交代するべきだと思いました。

恐らく一度は試合終了したことで、気持ちが完全に切れてると思ったからです。

そんな心配が的中してしまう。

2アウト1.3塁で続行された場面、ヤマヤスはここから連打を浴びます。

あっという間に1点差になおも2死1.3塁まで詰め寄られます。

ここは僕も完全に覚悟決めてました。

が、僅かながらに流れ、勢いはDeNAにあったのか。

鈴木大地はセカンドゴロに倒れゲームセット。

辛くも横浜優勝となりました。

いやーまじで・・・負けたと思った・・・。

9回に宮﨑が犠牲フライ打ってくれてホンマ良かった・・・。

色々紙一重の試合だった。

なんにせよ、これでロッテには勝ち越し。
さらには全て逆転勝ちでの4連勝。

ほんと、一時期に比べ随分チーム状態良くなりました。

打線はもう一声欲しいですが、とにかく先発が仕事してくれてるのが全て。

結構抹消しながらもなんとかやりくりしてますが、

とりあえずは、今永、上茶谷、東、井納、大貫、濱口、平良、飯塚、阪口
あたりでシーズン回せそうでなにより。

京山も2軍でしっかり好投しているようですしね。

中継ぎも最近めっちゃ頑張ってくれてますしね!!

そして個人的には乙坂の躍動が嬉しい限り。

正直、そろそろクビが寒いんじゃないかと思っていたので・・・。

外野はただでさえ飽和気味ですし。

でも今シーズンは今のところ、打撃守備共に成長が見られて、
結果も出せています。

DeNAの外野手は全員魅力的な選手ばかりなので悩ましいですね。

神里はもちろん、ソト、佐野、楠本、桑原、細川それに梶谷もいます。

まぁどうなるか分かりませんが、来年は筒香も居ないかもしれないことも考えるとしゃあないのかな。

ロペスも年齢的な問題もあるし。

将来的には佐野か細川がファーストで成長してくれたらいいかな。

本当は生え抜きで期待の二遊間、欲しいですけどね。

こればかりは何とも・・・。

投手偏向ドラフトも去年で終わりだと思うので内野手は数年先に期待ですね。

大河とかに期待しましょう。

※引用元 https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019061204/top

今日のハイライト

他球場の試合結果、順位表

※引用元 https://baseball.yahoo.co.jp/npb/standings/
https://baseball.yahoo.co.jp/npb/

阪神、ソフトバンクに最悪でも五分で乗り切る。
今年の阪神、やっぱ強いわ。

注目はプロ初先発の吉田輝星。
相手はセ・リーグ代表クラスの先発大瀬良。
流石に厳しいと思われた日ハム。
吉田はプロの洗礼を浴びるだろうなと思っていたのですが、

なぜか広島がプロの厳しさを教えられていました。

大瀬良は8回2失点完投のエースらしい投球。

なお。

広島、マジでどうした。

田中が調子上げてもう手が付けられんと思った矢先にこの有様。

うーん、野球はわからんね。
西川、野間が冷えたのがきついのか。

ここまで調子の良いDeNAですが、ここまでは全てBクラスとの闘い。

ここから地獄のソソソ日日日楽楽楽が待っています。

まぁ勢いつけられたのは良かった。

去年のヤクルトも同じような感じで交流戦ダッシュキメましたから。

明日は阪口が先発。

2回目の先発までちょっと間が空きましたが、プロ初登板では
5回無失点と素晴らしいデビューを飾りました。
勝ちはつきませんでしたが。

明日は野手陣頑張って、プロ初勝利をつけてあげてね!!

それではまた。

\横浜優勝/

スポンサーリンク