スポンサーリンク

※当ブログでは各選手の敬称は省略させていただいております。
 予めご了承下さい。

Aクラスに帰ってきました

スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズ VS 広島カープ 12回戦 6/30(日)横浜スタジアム

つ、疲れた・・・。

連夜の延長は12回引き分け。

井納は6回をしっかりと無失点で抑えるものの、打線は床田から1点取るのがやっと。

7回には変わった藤岡が誤算の2失点で逆転を許す。

まぁ、勝ちパの疲労がヤバそうなんでここ藤岡は仕方ない。

井納は・・・まぁ今シーズンは100球以上は生かさない方針なのかな。

継投自体は間違ってるとは思わなかった。

結局はエスコバーに頼らざるを得なくなったが、それこそ結果論。

個人的には国吉の成長が見られたのが嬉しかった。

まさか無死満塁で無失点に抑えるとは。

満塁でもガンガンストライクに投げ込む姿は、昔の国吉とは別人。

感動すら覚えましたね。

今年は色々な役割でホント頑張ってくれてます。

三上の抜けた穴をかなりこの国吉が補ってくれてますね。

ありがたい。

佐野も9回の土壇場でよく同点タイムリー打ってくれました。

ここまで対左.000だったのにね。

これで佐野の代打打点が12となり、ダントツトップ。

この辺りは、チーム力上がってると実感できて良きかな。

あ、大和も4出塁と地味に大活躍でしたね。
良い守備もありました。

さて、交流戦明けの広島戦、2勝1分と勢いそのままにカード勝ち越し。

消耗は結構なものですが、良い流れで阪神戦に望めるんではないでしょうか。

阪神側は今日はちょっと残念な負け方してしまいましたしね。

いくらハマスタ阪神とはいえ、そうそう簡単に無様な負け方はしないかなと。

まぁとりあえず・・・。

帰ってきたよ・・・Aクラスに・・・(同率だけどね)

他球場の試合結果、順位表

はーい、というわけでようやっとAクラス復帰です。

残念ながら借金完済とはなりませんでしたが。

次の阪神戦は何としても勝ち越して、単独3位に躍り出たいですね。

広島の勝敗如何では単独2位まであります。

中日も5連勝中で、きっと巨人さんにも良い戦いしてくれると思ってます。

・・・というか、もしも次のカードでDeNAと中日は3タテかましたら、
中日も4位まで上がるんですね。

ちょっとここにきてセ・リーグおもろくなってきた。

巨人に独走されないように各球団頑張らないとですね。

オリックス・松葉投手、武田外野手、中日松井雅人捕手、松井佑介外野手+モヤ外野手が金銭トレード成立

 中日の松井雅人捕手(31)、松井佑介外野手(31)と、オリックス・松葉貴大投手(28)、武田健吾外野手(25)の2対2の交換トレード、および中日のスティーブン・モヤ外野手(27)のオリックスへの金銭トレードが成立したと30日、両球団から発表された。

中日は笠原、小笠原らが相次いで離脱し、左投手が手薄となっていた。またオリックスはドーピング違反のメネセスの契約を解除し、控え捕手、代打の切り札として貴重な存在だった伏見も左アキレス腱(けん)を断裂。サウスポーの補強をもくろんだ中日と外国人野手、捕手のテコ入れを図りたいオリックスの思惑が一致した。

 中日はリーグ5位、オリックスはリーグ最下位に沈んでいるが、クライマックス・シリーズに出場できるAクラス入りは射程圏内につけている。複数トレードを成立させることで、後半戦の巻き返しに臨みたいところだ。

 ◆松葉 貴大(まつば・たかひろ)1990年8月14日、兵庫県生まれ。28歳。東洋大姫路高、大体大から12年のドラフト1位でオリックス入り。14年には8勝1敗、防御率2・77の成績を残し、侍ジャパンにも選出。16年にも7勝をマーク。通算120試合に登板し、27勝39敗、防御率3・89。178センチ、82キロ。左投左打。今季年俸は2800万円。

 ◆武田 健吾(たけだ・けんご)1994年4月18日、福岡県生まれ。25歳。自由ケ丘高では高校通算23本塁打。12年のドラフト4位でオリックス入り。16年にはUー23W杯でベストナイン。17年には自己最多の97試合に出場し、打率2割9分5厘。通算198試合に出場し、打率2割4分7厘、3本塁打、28打点。183センチ、85キロ。右投右打。今季年俸は1700万円。

 

 ◆松井 雅人(まつい・まさと)1987年11月19日、群馬県生まれ。31歳。桐生第一高では2年夏に甲子園出場。上武大では4年で明治神宮大会準優勝。09年ドラフト7位で中日入り。プロ9年目の昨季は自己最多の92試合に出場。通算393試合に出場し、打率1割9分3厘、5本塁打、55打点。179センチ、81キロ。右投左打。今季年俸は2000万円。

 ◆松井 佑介(まつい・ゆうすけ)1987年7月10日、大阪府生まれ。31歳。大商大堺高では投手で3年夏の府大会準優勝。東農大から野手に専念し、09年のドラフト4位で中日入り。17年には自己最多の56試合に出場し、4本塁打。通算309試合に出場し、打率2割3分2厘、8本塁打、46打点。185センチ、87キロ。右投右打。今季年俸は1500万円。

 ◆スティーブン・モヤ・メルセデス(STEVEN MOYA MERCEDES)1991年8月9日、米領プエルトリコ生まれ。27歳。幼少期にドミニカに移住。08年にタイガースと契約。14年にメジャー初昇格し、16年に31試合で5本塁打。18年から中日に入団。NPB通算53試合に出場し、打率2割8分7厘、4本塁打、19打点。201センチ、117キロ。右投両打。今季年俸は5000万円。

※引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190630-00000218-sph-base

いや、これかなりびっくりです。

まさか中日が松井雅人をトレードで出すとは思ってませんでした。

中日の事情は、元々も贔屓なのである程度は把握してるつもりでしたが、
松井雅人がトレードに出されるのはちょっと予想外。

正直、松葉と武田をくれるなら、松井雅人+松井佑介を出しても正直釣りがくるレベルです。

どちらが打診したのかは分かりませんが、よっぽどオリは捕手が欲しかったのでしょうか。

確かに今年のオリの先発はかなり盤石で、松葉が出る幕は無さそうに思えますが、予備の先発としてはそこそこ優秀だと思うんですけどね。

松井佑介は・・・ちょっと前までは期待の若手だったんですが、中々出場機会もなく、
花開きませんでしたね。

オリで出場機会がもらえたらワンチャンあるかもしれませんね。

で、ファーストが不足しているのでモヤも金銭でと。

(オリのファーストのOPSは12球団最下位)

これで中日は枠が空くので、だれか支配下登録するのか、助っ人を探すのか・・・
これはちょっと分かりませんが。

しかし、中日はもう捕手は加藤1本でいくつもりなんですね。

松井雅人は、中日のなかでも割と好きな選手だったので正直かなり残念です。

中日ファンの中でも結構松井雅人贔屓の人はいたんじゃないかな?

オリさんには良い待遇をお願いしたい。

まぁ個人的トレードは賛成派なので、お互いに新天地で活躍できたらいいですね!!

・・・ ・・・ ・・・

・・・ ・・・

・・・

さて本日はここまでです。

1日置いて阪神戦、からの巨人戦。

山場はまだまだ続くよ。

頑張れベイスターズ!!

スポンサーリンク