スポンサーリンク

※当ブログでは各選手の敬称は省略させていただいております。
 予めご了承下さい。

伊藤光とかいうDeNAに舞い降りた神

スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズ VS 読売ジャイアンツ 13回戦 7/7(土) 東京ドーム

いやはや、もう序盤はどうなることかと。

井納は早々に2失点。

打線は4回までに10残塁の猛攻をみせ0点。

こうなったら残塁記録、つくっちゃう?

くらいのノリになってました。(残塁記録は9イニングでは19残塁)

井納ちゃんも2打数2安打してくれてるのにねぇ。

5回にもランナー二人がでて、またもやチャンス。

しかし前半の様相を見てるとまぁータイムリーの予感がしない。

ここで井納に打順が。

もうこのまま打たせたほうがいいんじゃね?

とか思ってましたが、まぁ勝負所だと思ったのかここは代打の乙坂。

これがようやっと大当たり。

正直阿部のエラーまがいのタイムリーですが、ここでようやく2-2の同点に。

井納が初回以降はなんとか踏ん張った甲斐がありました。

が、5回から変わった三嶋が代打の立岡に二塁打を許し、さらに坂本にタイムリーをうたれあっさり逆転。

もう僕はこの時点で8割がた負けたと思っていました。

6回の攻撃、ソトロペスとあーーっさり凡退した後でした。

筒香、宮﨑が連打で出塁。

この時点ではまだ残塁記録のことしか考えてませんでした。(正直ゴメン)

ここで昨日散々でありながら、今日は1本ヒットを放っている細川。

やはり1本出て緊張が解けたのか、ここで同点タイムリーを放ちあっさり同点。

お、流れ変わった?(例の音楽)

なんて思った瞬間、伊藤光が初球をレフトスタンドに叩き込んでいました。

この回2アウトから6球で逆転してしまいました。

野球ってホント分からんね。

あんなに拙攻してたのに、6球で4点とるんですから。

さて、3点リードとなりちょっと余裕ができたDeNAベイスターズ。

ここで満を持して新外国人、サミー・ソリスが登場!!

~試合前コメント~

「東京ドームで投げられることは光栄だね。実力以上のモノが出せるかもしれない。
マウンドもメジャーに近いし、違和感なく投げられると思うよ。」

・・・みたいなことを言っていたのでこれは期待できます。

初球は147kmのストレート(逆球)でストライクをとり、二球目はチェンジアップ。

これが何でかレフトスタンドにボールが入ってしまいました。

・・・?

もしかして・・・ブローd・・・

いやいやいや、東京ドームの一発なんて事故です!!

で、知らない間に台湾の英雄が1塁にいます。

・・・????

いやいや、英雄だからって勝手に1塁に行かれては困ります。

ソリスもこんな無法は許しません。

台湾の英雄はソリスの牽制により消え去りました。

これで落ち着いたソリスは7回をリードを保ったまま無事にデビューを果たしました。

・・・・・・・いや、まぁ、逆転されなきゃいいんじゃね?

3球でHを2回もされた時はもうどうなるかと思いましたけどね。

DeNAの途中参加外国人投手、やべーのしかいませんでしたからね。

でもこれ、エスコバーの代わり務まるんか・・・?

まぁ、これからに期待。

8回はパットンがキッチリ仕事。

山崎康晃のセーブ機会絶対無くす打線も澤村マシソン田口はそう簡単にはいかず、無得点。

最近は安定していたヤスアキですが、今日はいつものように2人ランナーを出し、僕たちを楽しませてくれました。

いやいや、神里と大和のファインプレーなかったら危なかったぞ・・・マジで・・・。

まぁまぁ勝ちゃいいんですの精神。

なんとカード1つは取れてほっとしました。

いやはや・・・伊藤光は最高やな!!

マジ頭上がらんわ。

サンキューオリックス。

細川もこの調子で頑張れ!!

※引用元 https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019070701/top

他球団の試合結果、順位表

※引用元 https://baseball.yahoo.co.jp/npb/

広島の貧打、ここに極まれり。
床田の好投はまるで報われず。

広島の没落はどこまでいくのか。

オールスター挟めばちょっとは切り替わるんでしょうか。

いやDeNAとしては勢いに乗られるとやっぱり嫌なんで取り返しのつかないところまで行って欲しい
のが本音ではありますが・・・。

中日は柳が9勝目。

最多勝争いに今永がちょっと水を開けられました。
春くらいは絶対に行けると思ったんだけどなぁ。

まぁまぁまだこれから。

今永の復調無しにAクラスはないのだから・・・。

・・・ ・・・ ・・・

・・・ ・・・

・・・

まぁ・・・一勝できてマジで良かったよ。

3タテされると3G開きますが、1勝すりゃ1Gだけですしね。

それでももう絶望的な差になってますが・・・。

まぁかつて優勝確実と言われていた黄色い球団がVやねんした例や、メークドラマなんてのもありましたしね。

それに比べれば7.5Gなんて屁みたいなもんです。

カード負け越しはしてしまいましたが、次のヤクルト戦から持ち直して、貯金してオールスターいきましょう。

それでは今日はここまで。

\横浜優勝/

スポンサーリンク