スポンサーリンク

※当ブログでは各選手の敬称は省略させていただいております。
 予めご了承下さい。

飯塚くんはまだ二軍でやることがある。

スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズ VS 東京ヤクルトスワローズ 13回戦 7/8(月) 神宮球場

※引用元 https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019070801/top

オールスター前最後の3連戦は最下位ヤクルトとの試合。

その初戦に先発したのは前回登板から間が空いて飯塚。

前回の日ハム戦ではイマイチな内容だったが、今度は期待に応えられるのか。

初回、DeNAがサクサクっと2点を先制し、飯塚も初回0で抑え、上々の試合展開。

が、2回。

ヤクルト打線が飯塚に襲い掛かります。村上、西浦、中村に3連打を浴び一瞬で同点に。

こりゃヤバイなと思ったさなか、こんどは廣岡に逆転2ランを浴び、打者4人で4点を献上。

飯塚はこの回は投げ切りますが、今日は2回で降板。

これは・・・次の登板機会はしばらくは無さそうですね。

とにかく球が高かった。

制球力は未だ修正出来ておらず。

フォークは良い投手なのですが、それだけ。

ちょっと1軍では厳しいのかなと。

次の回からはここ最近躍動している櫻井が登板。

かーーーなり危なかったですが2イニングを無失点となんとか結果を残せました。

4回はまぁ修正出来てたかな。

打線は打てそうで打てない山田大に点を挙げられず、キッチリ5回まで投げ切られ、
攻略することはできませんでした。

不安定でしたが、要所はきっちり外角に投げ切れてましたね。

しかし・・・左投手に弱いな、ウチは。

5回には石田が登板するものの、先頭山田に四球を与え、盗塁を許した後に
村上のタイムリーヒットで更に1点を加えられ3点差。

6回には宮崎のソロで1点を返しますが、その後はヤクルト中継ぎに軽くひねられました。

7回には代打乙坂が先頭で出塁したものの、桑原の捕邪飛、ソト内野フライ、ロペスが当たり損ねのサードゴロで何もできず。

8回は4番から始まる打順も7球で3者凡退。

もはやお手上げ。

守護神石山がインフルエンザで休養ぢているので、抑えはマグカフ。

ここでもDeNA打線は手も足も出ず、あっさり敗戦。

相変わらずビハインド試合の後半はまーったく打線が機能しませんね。

やっぱメンタル面が弱すぎるのでは?

2点差なんやし普段通りでいいのにねぇ。

あ、そうそう、7、8回には斎藤が登板。

これはめっちゃ良かった。

櫻井、斎藤が無失点だったのがポジですかねー。

あれ、でも齋藤、昨日も回跨ぎしてたような・・・。

ま、まぁオールスター休みもあるし多少はね・・・(震え声)

まぁ初球打ちは理にかなってるんですが、技術が足りてない選手がやるもんじゃないですねー。

ハフもマグカフもめっちゃ助けていた印象。

この敗戦で、オールスター前に貯金はできなくなりました。

あと2戦は勝って5分でいこう。

他球場の試合結果、順位表

※引用元 https://baseball.yahoo.co.jp/npb/

広島ファンの人が、

「最近は試合が早めに終わるから自由時間が多くてええわ!!」

って言ってました。

おぉ・・もう・・・。

阪神はあと一歩及ばず。

セ・リーグはもう風前の灯であります。

まぁパ・リーグもですが。

ギータ居なくても勝てる。

今日もあの展開でよう勝てたと思う。

ウチは多分筒香いなくなったらヤバイ。

みんな好き放題叩くけど、OPS.900代の選手欠けたら実際やばいよ。

・・・ ・・・ ・・・

・・・ ・・・

・・・

伊藤光がFA権を習得しました。

なにがあっても残留させてほしいですね。

伊藤光は出場機会求めていたし、捕手として評価してるDeNAから出ていく
理由はあまり無いと思うんですがね。

こればっかりは選手の意思なのでなんとも。

裏でどんなやりとりあるか分かりませんしね。

ファンとしては祈るばかり。

球団としても誠意を見せて欲しいですね。

それでは。

スポンサーリンク