スポンサーリンク

※当ブログでは各選手の敬称は省略させていただいております。
 予めご了承下さい。

打線は今永を見殺しにした

スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズ VS 読売ジャイアンツ 20回戦 9/10(火) 横浜スタジアム

※引用元 https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019091001/top

はっきり言ってもいい?

今日でDeNAの優勝はほぼ無くなったと言っても良いでしょう。

いやまぁ中日に3タテ食らった時点でもう優勝ラインは不可能レベルになってなんですけどね。

これから横浜が全勝しても巨人は5割でなんとかなります。

残りの直接全部勝っても相当キツイ感じ。

そりゃね、完全に消滅するまで諦めんなってのも分かります。

可能性の問題を言っただけで、最後の最後までファンとして諦めるつもりはないですけど、実際ね・・・。

試合内容ですが、人生で初先発レベルのクックにイマイチ打線が振るわない。

四球などももぎ取ってはいたが、あと1本が出ない。

大チャンスだった無死1.2塁でもバント失敗からの併殺打。

結局はチームとして取れたのはロペスのソロ、9回2アウトから柴田が打ったソロの2点のみ。

巨人も5安打とDeNAより安打は少ないものの要所の1発とミスに浸け入れたのが大きい。

クックは3回で降りたものの中継ぎに陣には手も足も出ずにノーチャンス。

ここの所ずっと打線は不調でしたが、ハマスタに帰ってきてからも継続。

巨人の4番岡本は少ない失投逃さず今日2ホームランの活躍。

敵ながら素晴らしい打撃だった。

痛かったのはエスコバーがヒット打たれてからの牽制ミス→バント→犠牲フライできっちり致命傷の4点目を入れられたこと。

今日は梶谷の超ファインプレーが2つも飛び出しましたが、ミスも同じだけでました。

今永は7回2失点で負け投手に。

HQSした投手に負けがつくのは100%打線の責任です。

伊藤光、宮﨑がいないとはいえ、これはちょっとね。

結局は、去年よりマシとはいえ打線が足を引っ張ったシーズンとなりました。

打線が悪い=中継ぎが酷使される・・・です。

そもそも長いイニングを投げない投手ばっかなので、余計に。

フロントには打線の強化を急務に考えて欲しいですね。

あと大和はフルシーズンキツイって誰もが解ってるのだし、今年の柴田の感じだともうちょっと併用しても良かったのかなと。

8月は打点0、9月はノーヒットの有様ですしね、大和。

いい加減コスパばっか考えないで優勝しとかないと厳しいですよ?

セ・リーグで一番優勝から遠ざかってるチームになってるし。

FAするかは分からないけど、鈴木大地、十亀あたりは全力で取りに行って欲しい。

二三遊間は相変わらず薄いし、先発は何枚あっても問題ない。

もともと先発に関してはコンディションさえしっかりしてればかなり良いはずなので・・・。

なんとかならんもんかね。

まぁとにかく、明日負けるともう考えるものアホらしいくらい優勝が難しくなるので少しでも意地を見せたいなら勝って欲しいですね。

他球場の試合結果、順位表

※引用元 https://baseball.yahoo.co.jp/npb/schedule/?date=20190910

巨人にマジック再点灯。

もうこれは厳しいとかの次元じゃない。

それこそ巨人が4勝11敗くらいの大失速かまさないと無理。

それでも今年のセ・リーグならありえるんじゃ・・・なんて思ってしまう不思議。

それ以上にDeNAの状態が悪すぎる・・・。

そしてあれだけ勢いのあった中日はマツダではやはり勝てず。

マツダ0勝フィニッシュもありえる。

しかしもう10数試合でシーズン終わっちゃうんだな・・・。

あっという間だったな・・・。

・・・ ・・・ ・・・

・・・ ・・・

・・・

井納には是非とも頑張ってもらいたい。

桜井は強敵だけども勝たんともうオシマイやし、打線はもうちょい頑張れ。

それでは今日はここまで。

ゲレーロの大飛球を梶谷がスーパーキャッチ
これには巨人ファンも拍手

スポンサーリンク