スポンサーリンク

※当ブログでは各選手の敬称は省略させていただいております。
 予めご了承下さい。

プレミア12 前回大会の雪辱晴らし日本が世界一奪取!!

スポンサーリンク

祝☆世界一!!

・・・というわけでね!!

初回にどすこいが3失点したときはどうなることかと思いましたが。

山田の劇的逆転3ランが結局決勝点になりました。

まぁしかし今大会通して中継ぎが本当に頑張ってくれましたねー。

打線が思ったより機能しなかったのが目立った今大会、中継ぎの踏ん張りが無ければ優勝は難しかったでしょう。

特に甲斐野なんかはルーキーながらシーズンの疲れもそのままにようやってくれました。

個人的なMVPをあげたいくらいです。

その他、周東の活躍も要所で光ってましたね。

知名度もめっちゃ上がったんでは?

贔屓の選手では、今永や山﨑の活躍も目立っててなによりでしたよ。

丸や坂本らへんはちょっと元気がなかったですが、まぁ・・・彼らはそもそも秋以降の成績があまり奮わない勢なのでねー・・・。

代わりに鈴木誠也や浅村は200%くらい奮起してましたが。

山口はまぁ・・・ボールが合わなかったんでしょうね。

大会通して彼の良い部分が出ることはありませんでした。

この辺はねー・・・対応力が求められる部分なので、山口にはちょっと厳しかったのかなと。

もともと器用な選手ではないですからね。

本来はプレッシャーには人一倍弱いタイプでしたし。

逆に今永、山﨑はストレートが指にかかるのかシーズン中より良い球投げてましたね。

もう一度今永の登板は見たかったけど、中3ですしね。

ヤスアキの無双っぷりが見られたのでそれで満足。

しかしまぁ・・・流石に各国の代表クラスを集めたらそう大きな差は無いですね。

アメリカは置いといて。

世界大会においても日本はまだまだ課題がありそうですし、次はWBCに向けてまた頑張っていかないとですね。

まぁとにかく優勝出来て良かったですよ。

前回辛酸をなめさせられた相手に勝利しての優勝ですから、気分も良いでしょう。

シーズン直後に駆り出された選手たちも大変だったでしょうが、これで報われたことでしょう。

しばらくは羽を休めて、来シーズンへの準備に勤しんで欲しいですね。

本当におめでとう、侍JAPAN!!!

スポンサーリンク