スポンサーリンク

※当ブログでは各選手の敬称は省略させていただいております。
 予めご了承下さい。

2019年セ・パ交流戦、全日程終了

スポンサーリンク

昨日の広島対楽天戦で交流戦全日程が消化されました。

セ・リーグ的には・・・正直楽天に勝って欲しかったですねー。

明けの戦いが広島戦なので、ああいう勢いがつきそうな勝ち方されると、
ちょっと怖いです。

まぁ、打線の方はまだまだ絶不調のようですが。

日程もちょっと空くのでどうなるやら。

交流戦最終順位

※引用元 https://baseball.yahoo.co.jp/npb/

結果から言えば、めっちゃ善戦出来ました!!

負け越したのがオリックスだけになるとは正直思ってなかったです。

巨人意外とはかなり差を縮める、もしくは開くことになり、一時は5、6ゲームあった3位との差が2ゲームまで迫りました。

というか、一時は絶望的だった首位にも5.5ゲーム差に。

言うて厳しいですが、ワンチャンある数字に。

で、交流戦の中身ですが、正直筒香の交流戦打点が4だったのは頂けない。

たらればは言ってもキリが無いのは分かってるんですが、筒香がもう少し打ってくれたら、
あと2~3試合勝てたんじゃないかと思います。

負けた試合、結構接戦が多いんですよね。
引き分けもありましたし。

別に、ダメ押し点でもいい。

交流戦の後半、接戦が多くて勝ちパ出し過ぎて楽天戦で出せなくなったりもしました。

どこかで点差に余裕が生まれていれば、あの例の馬鹿試合も勝ちパが投入出来て、逆転されなかったもしれない。

そう思うと、交流戦の筒香はまるで仕事しなかったと言っても過言ではないです。

1人の選手をやり玉に挙げるのは好きではないですが、言わざるを得ない。

他の外野手が調子良かったので1試合くらいは欠場しても良かったのかなと。

まぁ、ここから得意の夏に入ってくるので、なんとか帳尻を合わせて欲しいですね。

あ、交流戦MVPはソフトバンク松田宣浩選手でしたね。
アツオー!!

DeNAで個人的なMVPはエスコバー。

もうホントよう大回転してくれました。

結果3勝で、交流戦最多勝タイです。

彼がいなければ中継ぎはとっくに崩壊していたでしょう。

後半戦もいっぱい頼ることになるでしょうけど・・・頑張って!!

・・・ ・・・ ・・・

・・・ ・・・

・・・

交流戦明け最初の広島戦、そして阪神戦は肝になってくるでしょうね。

ローテも再編され、やはり広島阪神ともにDeNAを標的にエース級2枚を持ってくる様子。

予想では、広島は大瀬良、床田、谷間の誰か

阪神は、西、ガルシア、メッセンジャー

で、来るのではないかと。

まぁー超きついっすね。

これに勝ち越すのは。

でもここで負け越すと、Aクラスがまた大きく遠のくので最悪でも6連戦を5分で切り抜けなければなりません。

いきなり勝負所ですが、パ・リーグのエースを結構倒せたので絶望的までとは思いません。

いうて、西、ガルシア、メッセンジャーは今年6回当たってますが、
そのときの勝敗が4勝2敗なので。

ただ・・・ハマスタってのがね・・・。

たまにはハマスタで打ち勝って欲しいなぁ。

まぁその前に広島戦。

打線が低調なままなことを祈りましょう。

こちらも打線は言うほど好調とは言えないので。

先ほどの書きましたが、やはり筒香が真ん中で打線切っちゃうと点入らないんでね・・・。

キーマンになってきますよね、4番で使い続ける限りは。

もちろんここからハイパー筒香になってくれることを期待しています。

まぁ・・・

でも・・・

ホント交流戦勝ち越せて良かったぁ・・・(安堵)

これにつきますわ・・・。

巨人の宇佐美と吉川光、日ハム鍵谷、藤岡が交換トレード

 巨人の吉川光夫投手(31)、宇佐見真吾捕手(26)と日本ハムの鍵谷陽平投手(28)、藤岡貴裕投手(29)の2対2の交換トレードが26日に成立し、両球団から発表された。

 救援の強化を図りたい巨人と、先発不足解消などを目指す日本ハムの補強ポイントが合致した。原監督は「両軍にとっていい形になるといい。しっかり手助けしながら、いいものが出せるようにしたい」と話した。

 2016年オフにトレードで日本ハムから移籍した左腕の吉川光は、今季救援で期待されながら9試合で防御率9・95と振るわず、「あまり力になることができなくて申し訳ないというのが一番の気持ち」とコメント。日本ハムには3季ぶりの復帰となる。打力が持ち味の宇佐見は「必要とされて日本ハムに行くのだと心に置いて新天地で結果を出したい」と談話を残した。

 今季を含めて7シーズンで253試合に登板している右腕の鍵谷は「チームの力になれず悔しい思いもあるが、この経験を生かして頑張っていきたい」とし、ドラフト1位で12年にロッテ入りし、3球団目となる左腕の藤岡は「新天地では力になれるように頑張っていく」とコメントした。

※引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190626-00050251-yom-base

・・・ということです。

宇佐美、まさか出されるとは・・・。

サヨナラホームラン打たれた記憶は鮮明に覚えてますよ。

よい打者になると思うんですけどね。

まぁ、大城が活躍して、下には和田恋もいますし捕手運用も1塁運用もなかなか
難しかったんでしょうかね。

日ハムならきっと出番はいつかあると思うので、頑張って欲しいですね。

吉川光も古巣復帰で、また活躍できたらいいですね。

そして、鍵谷投手、藤岡投手、セ・リーグへようこそ。

巨人は中継ぎ補強が急務だったので、これはかなり良いトレードになるでしょうね。

坂本、菅野が不調なうちに落ちてこなかったのは・・・やはり戦力があるということ。

原監督も優勝しか眼中にない感じがありますね。

それを批判する人もいますが、巨人という球団はちょっと特殊ですから。

優勝しなければならないプレッシャーもハンパ無いでしょう。

時代錯誤な気もしますが、まぁ言うて歴史あるし首脳陣としては色々あるんでしょう。

DeNAもまだ優勝の目は出てきたので、後半マジ頑張って。

筒香嘉智、山崎康晃がオールスター選出

まぁ妥当と言ったところ。

筒香はいい気分転換になってくれたらなと。

あとは監督推薦枠でもしかしたら、今永、神里がワンチャンあるかもしれない・・・

くらいですかね。

これに関してはあんま言うことないですね。

・・・ ・・・ ・・・

・・・ ・・・

・・・

ちょうどシーズン半分ほど終了。

DeNAはここからが毎日正念場の戦い。

追う側は楽な側面もありますが、やっぱり5.5ゲーム差って普通にきついんで、
相当勝たないと優勝は届かない。

戦力層がやはりそこまで厚くないなか、夏場をどう切り抜けるか。

これは、東、濱口の復活が大きくウェイトを占めてるので、焦っては元も子もないですが
早く万全で帰ってきて欲しい。

それでは今日はここまで。

スポンサーリンク