スポンサーリンク

※当ブログでは各選手の敬称は省略させていただいております。
 予めご了承下さい。

2019年 セ・リーグ順位予想!!

スポンサーリンク

はいという訳で、こんな時期まで引っ張ってしまった順位予想。

野球ファンなら避けては通れないこのイベント。

各解説者も続々と直前予想を出してきています。

ざっと見た感じですと、9割くらいの人が広島、巨人を1、2位に挙げています。

まぁそらそうです。

広島はセ・リーグ三連覇の実績、巨人は丸選手をはじめ結構な補強を行いました。

おまけに巨人は原監督になりその期待は留まる所を知りません。

実際に私も巨人、広島には恐怖しかありません。

・・・まぁ前置きはさておき、さっさと私の順位予想を発表します。

2019年セ・リーグ順位予想

1位・横浜DeNAベイスターズ

2位・広島東洋カープ

3位・中日ドラゴンズ

4位・読売巨人軍

5位・阪神タイガース

6位・東京ヤクルトスワローズ

はい、以上です。

・・・あまりにも奇をてらい過ぎでは?
・・・あまりにもポジが過ぎるのでは?
・・・ただの巨人アンチでは?

まぁ色々思うかもしれません。

僕もちょっとそう思います。

しかし、上記の順位に至ったにはちゃんと理由はあります。

まずは、最下位と予想したヤクルトについて。

私は野球に関してはかなり投手主体の考え方なのですが、恐らく今年のヤクルトは
投手陣が崩壊すると予想します。
去年の後半に躍動した先発陣は実績がほとんど無く、不確定要素が多い。
実際オープン戦では奮わずチーム防御率は12球団でも相当悪い部類。

正直に言ってしまえば、寺原選手や、石川選手をローテの軸で使う感じだと、
色々難しいと思います。
新外国人先発も出遅れるようですし。

近藤投手や石山投手の勤続疲労もヤバイかなと。
去年はほとんど休む間もなく投げ続けましたからね。

打線は、去年青木選手が離脱したとたん全く点が取れずに失速した経緯や、控え選手を
見る限り、かなり薄氷の上に立っている。
主力の誰が抜けても厳しい展開になるでしょう。

まぁ最下位予想にした最大の理由は投手力が無い(無くなる)。
もうこれに尽きます。

逆に、原樹里投手、星投手あたりがきっちりイニングを食えれば上位まであり得ます。

最近は本当に混セではあるので、最下位予想と言っても2,3位までありえる範囲です。

続いては阪神タイガース。

藤波投手の不調はあれど、それでも投手は枚数が揃っており、球場補正も考えれば、
投手が崩れてチーム崩壊・・・とはならないでしょう。

問題は打線と守備です。

オープン戦で好調だった、木波選手、近本選手を使うという前提で話を進めますが、
新人野手をいきなり打線の軸に置かなければならない野手事情はちょっと危ないです。

しかも、木波選手はショートで使うようですが、正直見た感じだと守備はアレです。

それでなくとも阪神は守備がとても良いとは言えない球団です。

長打が少なく、得点能力が低い球団なのは恐らくこれまでと変わらず、下手をすれば
去年よりも守備が悪くなることを考えれば、どうしても上位予想は出来ません。

北條選手や、糸原選手が奮起すればなかなか良いチームになれるのですが、もう一つ
ぱっとしない状態が続いています。

福留選手、糸井選手もいつまでやれるか分からない。

とにかく若手の躍動次第です。

個人的な思いとしては、あんなに投手有利の球場なんだから、本来は守り勝つ
野球を突き詰めたほうがいいのでは?
と、思います。

4位、巨人です。

ここから少し戦評が怪しくなり、願望が入ってくるようになりますw

まずはリリーフの不安が第一に来ます。
どうも、勝ちパターンどころか、抑えも決まっていない様子。
このままでは未知数のクック投手、不安の残るカミネロ投手が後ろを
投げることになるでしょうが、マシソン選手ほどの怖さは見ている限りありません。

中継ぎも、怪我明けの桜井投手、戸根投手、野上投手、辺りが軸になるのでしょうか。
あとはオープン戦無失点の大江投手、中川投手くらいですかね。

色々加味しても、充実してるとは言えない布陣です。

代わりに先発はエース級がごろごろいるので、中継ぎの出番が他球団に比べ
圧倒的に少ないので、これはこれで良いのかもですが。

それでも絶対的と言えるのは菅野投手だけ。

しかし、浅く広く人員は居るので、崩壊まではしないでしょう。
この辺は巨人は何だかんだ層は厚いなと感じます。

打撃は、丸選手が加入して手が付けられない・・・という程ではありません。

どちらかと言えば、1番に座るであろう吉川選手、去年ブレイクした岡本選手の方が
キーマンになるでしょう。

岡本選手が去年同様の数字をのこせばまぁ相当他が崩壊しなければAクラスです。

逆に、岡本選手が不調、そしてビエヌヤバ選手、ゲレーロ選手、この辺が危ういと
Bクラスもありえると思っています。

私は、岡本選手が去年同様、もしくはそれ以上の数字を残すのは難しいのではないかと
いう予想が強いのでこの順位予想となりました。

続いて3位、中日ドラゴンズです。

これは正直、元贔屓の恩情が入ります。

オープン戦での中継ぎの好調っぷり、打線の好調、これがシーズンで出来れば・・・
という願望です。

でも実際、現在の中日打線は怖いです。
去年も指標の上ではかなり打撃は良かったチームとされています。
高橋周平選手も脂が乗っていますし、堂上直倫も好調。
外国人二人は打撃に関しては問題なく、平田選手も攻守に優れた選手です。

冷静に見るとセ・リーグではかなり上位の攻撃力はあります。

先発陣は物足りないですが、大野選手が復活するのならば、そこまで他球団と
遜色のない感じにはなります。

京田選手ファンには申し訳ないのですが、堂上選手が京田選手を押しのければ
良い順位、全然あります。
中日打線の弱点は、正直言ってしまうと上位に低出塁率の京田選手がいることなので・・・。

下位なら問題は無いんですけどね・・・。

という訳で、全然Aクラスあります、中日ドラゴンズ。

どんどん行きましょう、2位の広島。

正直に言います。

横浜を1位予想にしたかったから2位にしました。

いやーなかなか隙がないですねぇ。

丸選手が抜けた後も普通にオープン戦優勝していますし。

強いて弱い部分挙げるのなら、先発でしょうか。

野村投手は去年から、やや安定感にかけ、大瀬良投手はオープン戦は去年ほどの
投球内容ではなかったのですが、オープン戦ですしね・・・。
でも実際コマはちょっと足りてないのではないかなと。

ジョンソン選手が開幕無理そうですし。

となると、岡田、床田、大瀬良選手・・・あとは九里、中田廉投手あたりですか?

そこまで広島のオープン戦を追いかけてないのでぱっとローテが出てこない
程度には先発が怪しいです。

中継ぎもフランスア投手はやべーですけど、一昨年のような絶望感は去年
ありませんでしたし。

ヘルウェグ選手が別の意味で怖いですが。

という訳で崩れる要素が大きくあるのは投手陣。

野手陣はもうどうしようもないです。

強いて言えばサードが穴ですけど、ホントそれくらいしかないです。

可能性としてあり得るのは、タナキクが両方絶不調でシーズンを終えること。

これこそ願望ですが・・。

まぁ恐らくAクラスはほとんど当確クラスであるとは思います。

横浜ベイスターズとしては、相性がなぜかそこまで悪くないので、なんとか食らいついて
行きたいところ。
上位にと対戦成績があるていど良ければ、相対的に順位は上がりますからね。

はい、そして優勝予想は横浜DeNAベイスターズ。

去年はお世辞にも優勝予想は出来ませんでしたが、今年は無理やり理屈を通せば
優勝できるところまでは来ています。

しかもそこまで無茶じゃないです、現実的なラインです。

まずは充実の先発陣。

今永、井納、濱口、東、上茶谷、飯塚、京山、大貫、平良、石田

これらの選手はどこに出しても恥ずかしくない先発陣です。

とくに半分近くは2桁勝利経験者で実績もあります。
ルーキーも混じっていますが、オープン戦の内容は良く、シーズンでも
一定の活躍を期待するのに充分すぎる内容。

東はちょっと出遅れそうですが、恐らく先発陣は12球団で考えてもトップクラスです。

そして圧巻の中継ぎ陣。

去年は登板過多が心配になるほどブン投げましたが、オープン戦ではとりあえずは
問題なさそうでした。
三上投手、砂田投手は流石に・・・とおもうところはありましたが。

もしその二人が無理でも、

三嶋、エスコバー、パットンが居ますし、国吉投手だって今年はやってくれそうですし、
笠井投手もオープン戦ではなかなか良く、ビハインドやロングでやれそう。
エスコバー投手が疲れたらバリオス投手と入れ替えるのもあり。
石田投手あたりを中継ぎにするのも悪くない選択肢。

とまぁ、ほら、そんな無理やりな感じしないでしょう?

なので投手に関しては問題ないです。

去年最大の弱点だった打線です。

クリーンアップは問題なし。

課題だった層の薄さ。

思い出したくもない交流戦の怪我人続出。

宮﨑選手WITH2軍のようなスタメン。

そんな状況に万が一陥ったとしても、今年はマシです。

オープン戦首位打者の楠本選手、普通に好調で成長が伺える佐野選手。

内野の層はまだまだですが、それでも中井選手、柴田選手がおり、
2軍で成長を感じられる、飛雄馬選手、山下選手、
生え抜きベテランの石川選手だっています。

ショートの控えが、大和→柴田→倉本選手・・・となるでしょう。
柴田はセカンド、サードの控え要因でもあるので忙しいでしょうが頑張ってほしい。
低打率ながらあの出塁率はなかなか評価出来るので、いざとなれば
セカンドソト選手じゃないときはスタメンでもアリかと思います。

とまぁ去年よりはかなり柔軟に対応していけるのではないかと思います。

しかし、それでもまだ野手の層は薄いほう・・・。

今年は怪我人があまり出ないように祈りましょう!!

まぁ正直全ては先発陣にかかっています。
しかし、本当にローテが全員2桁できる、したことがある投手ばかりです。

本当の横浜優勝は夢物語じゃないところまで来ているのですよ?

・・・とまぁ長々と書いてしまいました。
ここまでお付き合いいただいた方は読んでいただいてありがとうございます。

いよいよ金曜は開幕戦です。

順位も大事ですが、野球そのものを楽しんで今年も観戦していきたいです!!

それでは今回はここまでです。

ありがとうございました。

スポンサーリンク