スポンサーリンク

※当ブログでは各選手の敬称は省略させていただいております。
 予めご了承下さい。

2019年ドラフト会議

スポンサーリンク

今年もやってまいりました。

プロ野球ファンも、これからプロ野球界を目指す選手にとっての一大イベント、ドラフト会議です。

正直、僕はアマチュア野球にはまっっっっったく詳しくないので、どの選手が注目なのかなんてほとんど分かりません。

せいぜい、ドラフト1位候補くらいでしょうか。

とりあえず、各球団の指名をまとめたものを出します。

東京ヤクルトスワローズ

新人選手選択会議

1位奥川 恭伸投手星稜高
2位吉田 大喜投手日本体育大学
3位杉山 晃基投手創価大学
4位大西 広樹投手大阪商業大学
5位長岡 秀樹内野手八千代松陰高
6位武岡 龍世内野手八戸学院光星高

中日ドラゴンズ

新人選手選択会議

1位石川 昂弥内野手東邦高
2位橋本 侑樹投手大阪商業大学
3位岡野 祐一郎投手東芝
4位郡司 裕也捕手慶應義塾大学
5位岡林 勇希投手菰野高
6位竹内 龍臣投手札幌創成高

育成選手選択会議

1位松田 亘哲投手名古屋大学

広島東洋カープ

新人選手選択会議

1位森下 暢仁投手明治大学
2位宇草 孔基外野手法政大学
3位鈴木 寛人投手霞ケ浦高
4位韮澤 雄也内野手花咲徳栄高
5位石原 貴規捕手天理大学
6位玉村 昇悟投手丹生高

育成選手選択会議

1位持丸 泰輝捕手旭川大学高
2位木下 元秀外野手敦賀気比高
3位畝 章真投手香川オリーブガイナーズ

阪神タイガース

新人選手選択会議

1位西 純矢投手創志学園高
2位井上 広大外野手履正社高
3位及川 雅貴投手横浜高
4位遠藤 成内野手東海大学付属相模高
5位藤田 健斗捕手中京学院大学附属中京高
6位小川 一平投手東海大学九州キャンパス

育成選手選択会議

1位小野寺 暖外野手大阪商業大学
2位奥山 皓太外野手静岡大学

横浜DeNAベイスターズ

新人選手選択会議

1位森 敬斗内野手桐蔭学園高
2位坂本 裕哉投手立命館大学
3位伊勢 大夢投手明治大学
4位東妻 純平捕手智辯学園和歌山高
5位田部 隼人内野手開星高
6位蝦名 達夫外野手青森大学
7位浅田 将汰投手有明高

読売ジャイアンツ

新人選手選択会議

1位堀田 賢慎投手青森山田高
2位太田 龍投手JR東日本
3位菊田 拡和外野手常総学院高
4位井上 温大投手前橋商業高
5位山瀬 慎之助捕手星稜高
6位伊藤 海斗外野手酒田南高

育成選手選択会議

1位平間 隼人内野手徳島インディゴソックス
2位加藤 壮太外野手埼玉武蔵ヒートベアーズ

オリックス・バファローズ

新人選手選択会議

1位宮城 大弥投手興南高
2位紅林 弘太郎内野手駿河総合高
3位村西 良太投手近畿大学
4位前 佑囲斗投手津田学園高
5位勝俣 翔貴内野手国際武道大学

育成選手選択会議

1位佐藤 一磨投手横浜隼人高
2位谷岡 楓太投手武田高
3位中田 惟斗投手大阪桐蔭高
4位平野 大和外野手日章学園高
5位鶴見 凌也捕手常磐大学高
6位大下 誠一郎外野手白鴎大学
7位佐藤 優悟外野手仙台大学
8位松山 真之投手富山GRNサンダーバーズ

北海道日本ハムファイターズ

新人選手選択会議

1位河野 竜生投手JFE西日本
2位立野 和明投手東海理化
3位上野 響平内野手京都国際高
4位鈴木 健矢投手JX-ENEOS
5位望月 大希投手創価大学
6位梅林 優貴捕手広島文化学園大学
7位片岡 奨人外野手東日本国際大学

育成選手選択会議

1位宮田 輝星外野手福岡大学
2位樋口 龍之介内野手新潟アルビレックスBC
3位長谷川 凌汰投手新潟アルビレックスBC

千葉ロッテマリーンズ

新人選手選択会議

1位佐々木 朗希投手大船渡高
2位佐藤 都志也捕手東洋大学
3位髙部 瑛斗外野手国士舘大学
4位横山 陸人投手専修大学松戸高
5位福田 光輝内野手法政大学

育成選手選択会議

1位本前 郁也投手北翔大学
2位植田 将太捕手慶應義塾大学

東北楽天ゴールデンイーグルス

新人選手選択会議

1位小深田 大翔内野手大阪ガス
2位黒川 史陽内野手智辯学園和歌山高
3位津留﨑 大成投手慶應義塾大学
4位武藤 敦貴投手都城東高
5位福森 耀真投手九州産業大学
6位瀧中 瞭太投手Honda鈴鹿
7位水上 桂捕手明石商業高

育成選手選択会議

1位江川 侑斗捕手大分高
2位小峯 新陸投手鹿児島城西高
3位山崎 真彰内野手ハワイ大
4位澤野 聖悠内野手誉高

福岡ソフトバンクホークス

新人選手選択会議

1位佐藤 直樹外野手JR西日本
2位海野 隆司捕手東海大学
3位津森 宥紀投手東北福祉大学
4位小林 珠維内野手東海大学付属札幌高
5位柳町 達外野手慶應義塾大学

育成選手選択会議

1位石塚 綜一郎捕手黒沢尻工業高
2位大関 友久投手仙台大学
3位伊藤 大将内野手八戸学院光星高
4位勝連 大稀内野手興南高
5位舟越 秀虎外野手城北高
6位荒木 翔太内野手千原台高
7位村上 舜投手山形中央高

埼玉西武ライオンズ

新人選手選択会議

1位宮川 哲投手東芝
2位浜屋 将太投手三菱日立パワーシステムズ
3位松岡 洸希投手埼玉武蔵ヒートベアーズ
4位川野 涼多内野手九州学院高
5位柘植 世那捕手Honda鈴鹿
6位井上 広輝投手日本大学第三高
7位上間 永遠投手徳島インディゴソックス
8位岸 潤一郎外野手徳島インディゴソックス

育成選手選択会議

1位出井 敏博投手神奈川大学

・・・こんな感じですね。

ドラフトの目玉となった、佐々木投手はロッテ、奥川投手はヤクルトが交渉権をゲット。

DeNAは高卒内野手の森選手を一本釣りに成功。

さて、大雑把な感想ですが、阪神を除いてはまぁまぁ妥当なドラフトだったんじゃないかなぁと。

各球団、補強すべきポジションをきっちり上位で攫えてはいた感じ。

阪神だけがほぼ全て高卒で、甲子園ヒーローコレクションしてましたねー。

結果が出るまでは時間がかかりそうですが、どうなるやら。

ヤクルトはまぁそうだよねって感じの投手乱獲。

内野手も下位で指名してましたが、あそこ若手の外野手っていたっけ・・・?

バレンティン抜けて、雄平、青木も高齢化で外野手も取るかなぁなんて思ってたんですけど。

今年は外野手不作の年なんだろうか。

その辺は僕はちょっと疎いのでわかりませんね。

まぁ青木も雄平も併用ならまだまだやれそうですし、きんに君とか外野だった気がするし、塩見も育てるきだろうし大丈夫なんかね。

ホークスはともかくオリックスが育成選手めっちゃ取ってましたね。

西武が3軍作るって話だし、オリックスにもそういう話はあるのかもしれない。

てか多分数年後には全球団3軍制になってるかもね。

実際、3軍制敷いてる球団が今のところ強いし。

で、実際DeNAのドラフトはどうだったのかって話です。

先ほども申したように、僕はアマチュア野球は詳しくないです。

指名した選手の何が売りなのかなんてほぼほぼ知らない状態なので、なかなか判断しにくいので、ツイッターとか某掲示板で情報収集。

・・・ ・・・ ・・・

・・・ ・・・

・・・

その結果、周りの評判を見るに、どうやら今年のドラフトも80点~90点くらいの上出来っぷりだったらしいです。

ドラ1の森選手はかなり将来有望なプロスペクト内野手らしいので将来が楽しみです。

是非とも本職であるショートで育成してほしいですね。

ドラ2の坂本裕哉選手、ドラ3の伊勢大夢選手も即戦力気味の投手。

先発にしろ中継ぎにしろ枚数大いに越したことはないですからね。

今年のシーズンは結局投手の不足っぷりが響きましたし。

で、捕手は4位高卒の東妻純平選手を指名。

個人的には西森が戦力外になってしまったので、もうちょっと捕手取るのかな?

って思ってたんですけど・・・。

これは、伊藤光に残留のメドが立っていると思っていいのかな?

じゃないと二軍で試合回す捕手が不足気味になるし・・・。

まぁこればかりは蓋をあけてみんとわからんのでね。

下位指名だった選手も結構期待できる感じらしいです。

というわけで、ある意味新しいシーズンの1発目は良いスタートを切れたと言ってもいいのかな。

結果が出るのは数年後になるけど、みんな頑張って欲しいですね。

既存の選手もね、ポジション明け渡さないように奮起ですね。

ウチだと、内野手2人とったので・・・大幅減俸くらった山下なんかはね、本当に頑張らないと。

という訳で、2019年ドラフト会議のおはなしでした。

スポンサーリンク